トップ  >  女性の抜け毛(脱毛)の原因

ストレス

ストレスを感じている状態では、皮脂の分泌を増加させたり、自律神経が正常に働かなくなり、脱毛の原因を作ります。ストレスによる食欲不振などでも栄養不足による抜け毛が目立つようになってきます。

遺伝

男性型脱毛は男性を通して優性に、女性を通して劣性に遺伝するといわれています。脱毛しやすい体質や皮膚の状態などは、男女共に遺伝しますので、女性にも影響はないとはいえません。

加齢

女性ホルモンの減少により、髪の成長が弱くなります。頭皮の細胞の老化により、毛包が小さくなり成長期に太く長い毛を育てることが出来なくなり、毛髪は細くなり抜けやすくなります。

食生活

ストレスによる食欲不振や過剰なダイエットなどで、食事バランスが悪くなると、栄養が毛根まで行かず、抜け毛が進みます。脂っぽいものばかり食べていると頭皮の皮脂が多くなり、脱毛に起因します。

病的要因によるもの

病気の薬物治療による脱毛や、先天性のもの、病気や事故によるキズによるもの、円形脱毛症などがあります。

出産によるもの

妊娠中の女性ホルモンの影響で抜けるべきだった毛が抜けず、出産後ホルモンバランスが正常に戻ることによって、一気に脱毛してしまいます。

牽引(けんいん)性脱毛

いつも同じ部分の髪の毛をひっぱるような髪型をしていると、その部分の髪の毛が脱毛してしまうことがあります。

プリンタ用画面
前
女性の抜け毛のメカニズム
カテゴリートップ
TOP